一般的に考えてカントン包茎になることはありません。真性包茎状態の方が乱暴に包皮を剥かない限りは、亀頭の根元に包皮が食い込むことはないのです。露茎状態を安定させることが目的の包茎治療に関しては、確実に包皮を除去することが要されるというわけではなく、注目されている亀頭増大術オンリーで、包茎状態を改善することも望めるのです。我が国においても、結構な数の男性の方がカントン包茎で苦労しているということが、検証などで紹介されているそうですから、「暗くなってしまう・・・・・」などと思わず、主体的に治療と向き合って欲しいと思います。他人の目が引っかかるというなら、電気メスであるとかレーザーで消し去ることは容易ですが、フォアダイスは人に移るような疾患ではないので、治療はしなくても問題ないと言えます。医学的立場から言うと、「包茎」というのは真性包茎だけを指すようです。カントン包茎という単語も周知されているようですが、これに関しては、力任せに剥いてしまったために、亀頭の根元が包皮で圧迫された状態になる症状を指すのです。ペニスばかりか、肛門付近や唇に現れるブツブツの事もフォアダイスと言われ、ごくありふれた生理現象の一部で、「良性の腫瘍」なのです。露茎状態を保ちたいのだけど、何をどうしたらいいのかと考え込んでいる仮性包茎状態の男性も少なくないと思われます、包皮が長すぎるのが要因ですから、いかなる時も露茎状態を保持したいというなら、切り取る他に方法は皆無です。例えば包皮口がかなり小さいと実感したら、兎に角病院に行くことです。自分一人でカントン包茎を完治させようなんてことは、くれぐれも思わないでください。露茎を希望しているなら、包茎治療も違う方法が取れます。亀頭部位を注射で大きくして皮が被らないようにしたり、体の中に埋もれている形のオチンチンを身体の外に出すなどがあると聞きました。真性であるとか仮性包茎手術をするつもりなら、上野クリニックでやってもらうのも良いと思われます。包茎クリニックとしては優秀だと評判です。実績にも優れており、仕上がりの見た目も大満足でしょう。包茎手術と申し上げても、メスを使う必要のない手術がありますし、症状を把握した上で、ナチュラルに仕上げるために、「EST式包茎手術」を実施しております。高度なテクニックが必要な包皮小帯温存法を採用しているクリニックや病院なら、それ相当の実績を積んでいる証拠だと言えるので、心配なく任せることができると言っても過言ではありません。何もない時は亀頭が包皮で覆われて見えませんが、指で剥くといとも簡単に亀頭全体が露出してくるなら、仮性包茎だと言って間違いないでしょう。衛生上の問題もありますから、包茎治療を実施すべきでしょう。ネットを見ていると、それほど酷くないカントン包茎は、剥いたり剥かなかったりを反復していくうちに、知らず知らずのうちにひとりでに改善するというような文章に出くわすことがあります。包皮口が狭小だと、負担なく包皮を剥くのは難しいのではないでしょうか?真性包茎のケースは、包皮口が相当狭いということで、亀頭を露出させることが不可能なのです。